還暦祝いは、満60歳の誕生日を中心に、家族が集まりやすい連休やお盆の時期がよく選ばれます。

長寿を祝う還暦は、元服、婚礼と並ぶ人生において日本の三大祝儀の一つで、格調が高いお祝いでした。家父長制の強かった封建時代から始まっています。
その影響もあり、本来は男性だけが還暦祝いの対象とされていて、家長は数え年の61歳になると引退するのがしきたりとされていました。

昔は、単なる長寿のお祝いだけではなくて、本来はその家系が代々続き、繁栄することを願う儀式として行われていたそうです。
他の長寿のお祝いは数え年で行うものが多いですが、還暦祝いは満年齢でお祝いします。
明治時代までは満年齢ではなく、数え年で数えられていました。

そのため61歳は、その年の1月1日から12月31日までが対象となります。
その当時はお祝はお正月から立春の頃までに行われており、現在では還暦のお祝いをする時期は、満60歳の誕生日を中心にした日にちで行われるのことが一般的になりました。

その他にも、家族などが集まりやすいお正月やゴールデンウィーク、お盆休みなどの時にもお祝いされる時期として選ばれています。
また、60歳の定年退職される時に、退職後に勇退記念と還暦祝いを合わせて行うこともあります。
還暦のお祝いには感謝の気持ちが込められる贈り物を準備します。

プレゼントに付ける「のし」には「祝還暦」「賀祝」などと書き、水引は金銀や紅白のものにします。そして何度でもお祝いできるように横結び(ちょうちょ結び)にします。
贈り物の定番は還暦のイメージカラーの赤いちゃんちゃんこと頭巾です。
それぞれにあった適切な時期と贈り物で還暦のお祝いを行う事が大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:還暦祝い

このページの先頭へ