還暦祝いにちゃんちゃんこを贈りますか?

還暦とは60年経ち、干支(十干十二支)が一巡して起算点の年の干支に戻ることですが、一般的には満60歳を迎えることを意味します。
昔の還暦祝いのイメージとしては、おじいさんやおばあさんが赤いちゃんちゃんこや頭巾を着て、赤い座布団に座ってお祝いしてもらっている、という様子を思い浮かべる人も少なくないと思います。

なぜ赤なのかというと、かつては魔よけとしてうぶ着に赤を使っていたことから、干支が一巡して元の干支に戻り、生まれた時に還るという意味を込めたことからこの慣習が始まったようです。
しかし、現代の60歳といえば、皆さんとてもお元気で若々しいですし、会社によってはまだ定年に達しない場合もあり、赤いちゃんちゃんこや頭巾が実用性に欠けるだけではなく、ご本人にふさわしいとは思えない場合がほとんどのため、贈られることは少なくなってきているようです。

また、60歳でまだまだお元気なのですから、ちゃんちゃんこをもらったりすると年寄り扱いされていると相手の方が不愉快になる可能性が高いと思われます。
代わりに赤いセーターやシャツ、ネクタイ、アクセサリーなど、実用性の高いものをお祝いとして贈る方も増えてきました。

ただし、靴下や靴、室内履きなどは踏みつけるという意味合いを持つため目上の方への贈り物には不向きですので注意が必要です。
何より大切なのは相手方の趣味や好みに合わせて喜んで頂けそうなものを選び、心をこめてお祝いする事ですので、意識するようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:還暦祝い

このページの先頭へ