女性と男性で分かれることがある還暦祝いの内容

還暦祝いとは、本来は数え年で行われるものでしたが、現在の風習では満60歳をもってお祝いをすることが増えています。
企業に勤めている方では、60歳を定年と定められている場合、自身の60歳の誕生日で定年になることも多く、還暦祝いは誕生日と同時に行われることが多くあります。

年齢に関する祝い事では、古希、喜寿、傘寿など数多くありますが、その中でも特に還暦が重視される傾向にあります。
これまで広く一般的に行われてきたお祝いの内容としては、赤いちゃんちゃんこや頭巾、座布団などの一式を贈ることが主になっていました。

赤を用いることの起源としては魔除けとしての意味合いがあるといわれていますが、現代では贈る品物に関しては少しの変化が見られます。
それはもっと実用的な贈り物にすることが1番に掲げられており、例えば、男性ならば、これからの健康を願うために、赤色のトレーニングウェアを贈ったり、女性ならば、赤いセーターなどを贈ることも行われています。

定番となっているものとしては、本人の名前の入ったオリジナルグッズです。
例えば、名入りの湯飲みやマグカップ、グラスなどの食器や、ラベルにメッセージなどを入れたお酒も人気があります。

女性の場合では真っ赤な花束を贈ることも歓迎されています。
インテリア用品として成立するものでは、赤い衣服を身にまとったぬいぐるみや、メッセージボード、そして還暦を迎えた方の写真から加工して製作されたオリジナル人形なども人気グッズの一つとされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:還暦祝い

このページの先頭へ