赤いちゃんちゃんこなどの定番はありますが、還暦祝いとして気持ちのこもったメッセージを贈る

還暦祝い、それは60歳を無事に迎えられたという喜ばしいお祝いです。
これからのますますの健康を祈る気持ちも込めて、家族や友人など皆で大々的にお祝いをします。
特に一家の大黒柱でもあるお父さんのお祝いは、盛大に行うところが多いようです。

お祝いの品としては赤いちゃんちゃんこを贈る風習もありますが、今はちゃんちゃんこを日常的に着る機会も減ってきたので、例えば赤が入ったネクタイとか、赤の入った洋服や小物など、赤にちなんだものを贈ることも多いようです。
けれども、もちろんプレゼントも素敵なことですが、メッセージを贈るというのはいかがでしょうか。

たとえば両親に、今までありがとう、これからも元気でいてねとの気持ちを込めて手紙を書くとか、目の中に入れても痛くない孫からのたどたどしい筆跡の手紙とか。
もしかしたら1番お父さんやお母さんに喜ばれるかもしれません。
友達同士でも、60歳を超えてまた新たな友情を再確認する意味でも、改めてメッセージを贈るというのも気が利いています。

ものより気持ちです。
今までなかなか恥ずかしくて伝えられなかった感謝の気持ち、労りの気持ちを、還暦祝いをいい機会としてお相手に伝えるのもいいかもしれません。

自分が60歳まで生きてこれたということに、周りの人間がお祝いをしてくるというのは、それだけでも本人にとっては嬉しいことですが、さらに気持ちをメッセージとして伝えてもらったら、それは人生のご褒美になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:還暦祝い

このページの先頭へ