冷凍のカニを正しく解凍して、料理法で何倍も楽しむ

日本人はカニが大好きです。
北海道などに旅行に行くと、現地で美味しいカニをたらふく食べたのに、市場で見かけるとまた試食し、自宅にお土産用として送ってしまったりする人も多いことでしょう。
しかし、せっかく産地直送で届いたのに、美味しい食べ方が分からなくて困ったことはありませんか。

カニは、浜茹でしたものが急速冷凍されて届く場合がほとんどです。
絶対に、食べる直前に冷凍庫から出し、慌てて電子レンジで解凍したり、凍ったまま茹でたり、蒸したりしてはいけません。
熱湯をかけて解凍するのはもってのほかで、おいしいエキスが全部流れ出てしまいます。

カニの大きさにもよりますが、足なら半日、全身なら一晩かけて、冷蔵庫でゆっくり解凍するのがポイントです。
冷蔵庫に移す時は、キッチンペーパーなどで包んでラップをかけ、水分が飛ばないようにしましょう。

そして、8割ぐらい解凍できていればOKです。
解凍しすぎると、うまみまで出てしまうので気をつけてください。
料理法ですが、まずは解凍したものをそのまま食べて、本来の美味しさを味わうのが一番です。
しかし、いくら美味しくても、食べ過ぎるとさすがに飽きてしまうかもしれません。
一度解凍しているので、再び冷凍することはできませんので、そんな時は、がらりと雰囲気を変えて、洋風の料理法で調理することをお勧めします。

殻ごと炒めてうまみを出し、身だけをホワイトソースやトマトソースと合わせて冷凍しておけば、後日ちょっと豪華なグラタンやパスタを楽しむことができます。
このように、料理法を工夫すれば、カニを何倍も堪能することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:カニ通販

このページの先頭へ