ヤドカリ科のタラバガニや花咲ガニは焼きガニに適していて、ボイルや鍋とは違うカニのおいしさを味わうことができます。

家で食べる場合、ボイルしたりお鍋として食べることが多いカニですが、焼いて食べると、また違ったカニのおいしさを味わうことができます。
焼きガニをおいしく食べるためには、まず、焼くことに適したカニを選ぶ必要があります。
適した種類はヤドカリ科のもので、タラバガニや花咲ガニです。

カニ科であるズワイガニや毛蟹などを選ぶよりも、タラバガニや花咲ガニを選ぶようにしましょう。
活きガニを購入して焼くのが一番おいしい食べ方でありますが、産地に住んでいる人でないと、なかなか活きガニにはありつくことができません。

そこで、活きガニが手に入らない場合には、生のものを産地から通信販売などで購入すると良いでしょう。
焼きガニを作るためには、殻つきの状態で焼くことになります。

直前に、食べやすいように半むきの状態にしておくことがベストな食べ方ではありますが、半むきにする作業が面倒な場合には、半むきの状態で売られているものをチョイスすると面倒な作業を省くことができ、焼いたらすぐにおいしく食べることができます。

また、スーパーや通販などで売られているものは、生の状態ではなくボイルした状態のものが多いです。
これが焼くのには適していないのかという疑問が生じてきますが、ボイル済みの蟹でも十分においしくいただくことができます。

この場合は、火を通しすぎないように軽くあぶる程度にしましょう。
このように、たまにはボイルしたものだけではなく、カニを焼いて楽しむことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:カニ通販

このページの先頭へ