海辺でも滅多に食べられないカニのお刺身

カニといえば、冬の味覚の王様ともいえる存在です。
そして食べる時にはボイルだったり、鍋にしたり、焼いたりとその味わい方は様々あります。
他の物では代用できないような独特の食感と甘さ、美味しさに夢中になる人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、本当に新鮮なカニは、お刺身として食べられるということをご存知でしょうか。
魚介類はどんなものでも傷みやすいものですが、その中でもカニはとても品質の保持が難しく、産地であっても刺身はなかなか食べられないという貴重品です。
また、殻から剥いて食べやすい状態にするのは大変な手間がかかるため、どうしてもその値段も高くなってしまいます。

では、この貴重品であるカニのお刺身の味わいはどんなものかというと、まさにとろけるような食感と甘さがその魅力です。
しいてあげるなら、甘エビのようにトロリとした甘さですが、カニ独特の食感があり、類似するようなものは無いと言えます。

さらに、水揚げしたその場でなど、極めて鮮度の良い状態になるとトロリとした感触が減り、まさに体験したことの無いような食感を楽しめることでしょう。
これまでは、海辺の産地や、限られた高級料亭などでしか食べられていませんでしたが、流通や保冷技術が発達したことによって、通販などでも販売されるようになっています。

ただ、それでもその数量は決して多くは無く、扱っている業者もかなり限られるというのが現状です。
海辺に長年すむ産地の人間であっても、その美味しさのとりことなっている人が沢山います。
水揚げ後は鮮度と戦いながら獲得する、贅沢の極みともいえる味わいなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:カニ通販

このページの先頭へ