カニを購入する時、手軽に食べたいというのであれば、ゆでカニを選んでも差し支えありません。

ゆでカニを購入するか、活けカニを購入するかで迷った場合は、自分で調理する手間を考えても自分好みの塩加減で食べたいのか、手軽さを優先するかのどちらかで決めればよいでしょう。
ゆでカニに比べて活けカニの方が味が良いということはありません。
あくまで好みの問題です。

ゆでたカニにはゆでたカニの良さがあります。
大量のカニを浜ゆでして配送することでコストを抑えることができ、美味しいカニを安価に手に入れられる点ではゆでたカニに勝るものはありません。

鮮度の面でも、活けカニを最終消費地まで鮮度を保ったまま送り届けるのに必要なコストを考えると、活きの良い状態でゆでたカニは十分に鮮度の恩恵を得ているため、よほど調理に自身がない限り、値段と味のバランスを考えればゆでたカニの方がはるかにコストパフォーマンスが高いと言えます。
カニは鮮度が重要な食材ですので、とにかく鮮度に拘る必要があります。

しかし、鮮度を保ったまま生きた状態のカニを輸送するためには莫大なコストが掛かります。
そこで、鮮度の良い状態のカニを浜ゆでして、そのまま配送すれば、生きたままのカニの鮮度とほとんどかわらない味を維持することが出来ます。
これがゆでたカニの最大のメリットです。

特に、せっかく生きたままのカニを手に入れても、家庭でその鮮度を無駄にしないだけの調理技術を発揮するのは、かなりハードルが高くなります。
なぜなら、カニの調理には大きな鍋と強い火力が必要になるからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:カニ通販

このページの先頭へ