快気祝いに何を贈るか迷ったらカタログギフトを利用してみてはいかがでしょうか

病気や怪我で入院をした際に、友人やお世話になっている人がお見舞いに来ることがあります。
お見舞いに来た人達に、私はもう完全に治り、無事退院しましたとの報告とお祝いを兼ねてお返しをすることを快気祝いと言います。

よくある間違いとして、退院した人に対してお祝いの品を贈ることを快気祝いと勘違いしている人がいますが、この場合は「退院祝い」と言いますので間違えないようにしましょう。
さて、快気祝いを贈る場合にも勿論マナーがあります。

相場はお見舞いに貰った物の約2分の1~3分の1辺りで、「きれいさっぱり治りました」、「あとには残していません」という意味を込めて、食べて無くなる物や石鹸やシャンプーなど、使い切って無くなる物が良いとされています。

熨斗の水引は紅白の結び切りを使用して表書きは快気祝いとし、退院をしてからできるだけ早く贈るのが好ましいです。いざお返し物を贈ろうと思うと、お見舞いに沢山の人が来た場合、食べ物にしても消耗品にしても、人によって合う合わないがあったりと選ぶのに苦労するかもしれません。そんな時は、カタログギフトを利用してはいかがでしょう。

これですと、カタログを贈った相手が好みの品物を自由に選ぶことができますし、お値段も様々なものが用意されていますので、相手によって違うカタログを贈ることも簡単です。
カタログであれば、相手に合わせてあれが良いこれは駄目だと迷うことが無くなりますので、快気祝いを贈る際は利用することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:快気祝い

このページの先頭へ