快気祝いに用いるメッセージの例文

快気祝いの贈り方は、知られているようで意外に知らない人が多くいます。
快気祝いは、病気や怪我が全快した事を告げるもので、お世話になった方やお見舞いに来てくれた方に、贈り物にメッセージ添えて贈ります。

例えば、「時下ますますのご清栄のこととお慶び申し上げます。入院中は過分なお見舞いをいただき、誠にありがとうございます。お蔭様で無事に退院いたしました。今後は快方に向けてはげみたいと思ってます。つきましてはささやかではございますが、お礼のしるしにこころばかりの品をお贈りさせていただきます。誠に簡単ではございますが、お礼かたがた書中をもってご挨拶申し上げます。ご笑納くだされば幸いです。」

上記の様に、つい漢字にしたくなる部分をあえて平仮名で書いている例文もあります。
快気祝いのメッセージは、病気や怪我で皆に心配や迷惑をかけたお詫びと、お見舞に対するお礼で、また、直接手渡す場合は、挨拶状は添えずにお礼の言葉を添えるのが良いでしょう。

快気祝いのメッセージは、必ずしも付けなければいけないという決まりはありません。
付ける場合は、お世話になった方やお見舞いに来てくれた方に感謝の気持ちと、その後の経過を知らせる意味があり、そして贈るタイミングは 退院や復帰から10日後ぐらいが目安で、遅くとも1ヶ月ぐらいまでには贈るようにします。

快気祝いのメッセージは、贈る側とお返し側、共に形にこだわる必要はなく、感謝の心が伝われば十分です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:快気祝い

このページの先頭へ