快気祝いのお返しはあとに残らない品物で

快気祝いというのは、病気が全快して退院できた時などに、これまでお見舞いに来てくれた人や、心配をかけた人に対してのお礼の気持ちを表すことです。
まず、退院した時には、そのような方々に葉書などで感謝の気持ちを伝えます。

電話で知らせるのはあくまで略式なので、改めて葉書や手紙でお礼状を送るようにしましょう。
そして、お見舞いをいただいた人には、快気祝いのお返しをするのが常識となっています。

お礼状も快気祝いのお返しも、病気が完全に治ってから10日以内に相手に届くように送るのがマナーです。
退院しても自宅療養が必要な場合には、まだ完全に治っていないので贈る必要はありません。

お返しの品物の値段については、お見舞いにいただいた金額の半額から3分の1が目安になります。
快気祝いで贈る品物としては、あとに残らない物を選ぶことがマナーです。
これは、病気が残らないようにという思いが込められているからです。

例えば、食べてしまえる物や使い切ってなくなる物などが良いので、お菓子やコーヒー、紅茶、石けんや洗剤などが一般的に選ばれています。
何を選んで良いか分からない時には、相手が欲しいものを選べるカタログギフトがお勧めです。

快気祝いのお返しには、必ずのし紙の水引は紅白の結び切りにしてください。
表書きは、快気祝い、快気内祝とするのがマナーです。
内祝というのは、お礼という意味とは別に、近親者や親しい人の間でのお祝いという意味が込められています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:快気祝い

このページの先頭へ