快気祝いを贈る時に使いたい文例

入院すると、誰かしらに御見舞いをもらうことがあります。
病気が治って退院したあかつきには、快気祝いを贈って感謝の気持ちを伝えましょう。
一般的に快気祝いとしてよく使われる品物は、洗剤や食品といったものが主です。

これは、病気を洗い流すという意味などから、後々まで形の残らない品を贈るという考えから選ばれています。
金額の目安としては、頂いた分の半額程度で、退院後1ヵ月以内くらいに贈ります。

また、心配して御見舞いをくださったのですから、快気祝いだけでなくメッセージなども同封して、感謝の気持ちを伝えると更に良いでしょう。

御礼の文例としては、「先日はわざわざお見舞いにお越しくださいましてありがとうございました。おかげ様で無事に退院することができました。皆さまにご心配いただきましたことを、申し訳なく、また嬉しく思っております。つきましては、ささやかではございますが御礼の品を送らせていただきました。ご利用いただければと思います。今後ともよろしくお願いいたします。」
といったものです。

先方は心配しているかもしれませんので、病気の経過などを説明すると良いかもしれません。
ただし、完治していない場合や経過があまり芳しくないような場合は、かえって心配をかけてしまいますから、伝える必要はありません。

「おかげさまで退院後の体調も良く、まずは自宅での体力づくりに励んでおります」
といった程度なら、差し障りがなく、どういった状況でも使えるのではないでしょうか。
忙しい中時間を割いて御見舞いに来て下さった方に、こちらも礼儀を尽くしたいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:快気祝い

このページの先頭へ