快気祝いとは、本来内祝いであり、床上げして病気が直り日常生活を送れるようになった事を祝うものです

快気祝いとは、本来内祝いであり、床上げして病気が治り日常生活を送れるようになった事を祝うものです。
しかし現在では、入院中あるいは自宅療養中の病気見舞いに対して、病気が全快した本人が報告を兼ねてお礼をするという形になりつつあります。

そのタイミングは、床上げ後あるいは退院後、1週間から10日経過した頃に贈るのが一般的です。
贈るものは、使い切ってしまうものを選ぶことで、「病気が残らない」という意味から、食べ物やお茶などの飲み物、普段使いの調味料などが良いでしょう。

また、「きれいさっぱりと治る」という意味で、洗剤や石鹸なども良い選択です。
快気祝いは必ずしなければならないものではありませんが、感謝の気持ちをより丁寧に表す事が出来ます。
そしてその額は、頂いたお見舞い金の半分から3分の1程度が一般的です。

頂いたお見舞い金の額が人によって異なっているものなので、ひとりひとり贈り物を選ばなくてはならないのかと悩んでしまいますが、全員一律のもので問題はありません。

会社の同僚などから連名で頂いた時は、その場所で食べる事が出来る大きめの箱のお菓子などが良いでしょう。
表書きを書く場合は、「快気祝」「内祝」「全快祝」などと書き、水引は紅白の結び切りで、のしを付け、下に本人の名前を書きます。

昔からのしきたりとして残っているものですが、お見舞いをした方が一番嬉しいのは、病気をした本人が元気になる事です。
もしかしたら、感謝の気持ちを込めてお礼状を出すという事だけでも十分なのかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:快気祝い

このページの先頭へ