快気祝いにつけるお礼状は、お見舞いに来てくれたことへのお礼

快気祝いとは、病気で入院中、お見舞いに来てくださった方に、お見舞いの御礼としてお返しをする贈り物のことを指します。
その際、添えてお渡しすると一層良いとされているのが、お礼状です。

快気祝いに添えるお礼状の意味は、お見舞いに来てくださった方々への御礼を伝えるためと、その後十分に回復している体調について報告するためと理解しておくと、内容を考えやすくなります。
ただし、意味にあるように、御礼と回復を伝えるためのものですので、専用ののしつきの贈り物を届けるだけでも無礼にはあたりません。

手紙を書くことが苦手な場合は、電話で御礼を伝え、御礼の贈り物だけ送り先住所へ送り届けるという形でも、現代では許容範囲内です。
退院をした本人の調子がよい場合は、お見舞いに来てくださった親しい間柄の方を、自宅に招くという御礼の仕方もあります。

自宅にもてなすことで、御礼を伝えながら、元気になった姿を見せることが出来るので、互いにとって貴重な機会になります。
ちなみに、快気祝いというのは、病気が全快した場合に用意するものです。

退院することができても、完全に回復していない状態であるならば、お見舞いの御礼として贈り物やお礼状を用意します。
自宅療養や入退院を繰り返す状況でも使えるお返し方法なので、覚えておくと役立ちます。
忙しい場合は、手配をあせらず、記憶が遠くならないうちにお返しをしておけば良いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:快気祝い

このページの先頭へ