見舞いに来てくださった方々へ、快気祝いのお礼状の準備の仕方

お見舞いに来てくださった方々に、快気祝いの贈り物を届けるとき、同封すると気持ちが伝わりやすいのが、感謝の気持ちと退院・全快のご報告の役目を担うお礼状です。
快気祝いのお礼状は、快気祝いの贈り物と同様に、必ず必要なものではありませんが、お見舞いに来ていただいたということは、それなりに手間と時間を要したことに違いありません。

退院後に会う機会が見込めない場合は特に、快気祝いのお礼状で締めくくっておくと互いに区切りがついてよいです。
準備の仕方は、気持ちを整理することから始めます。
差出人の名前は、基本的に入院した本人の名前です。

お礼状を渡す相手の名前は、間違えることのないように、必ず確認しておきます。
最近は、パソコンなどを使用して送り状などの重要な書面を準備することが増えています。
パソコンでは、変換時に考えと違った文字へと変換されてしまっていることがよくありますし、それに気付かないことも多々あります。

何度か確認し、できることなら、ご家族の方にもチェックしてもらい、間違いのないように気をつけます。
快気祝いのお礼状に書く、肝心の中身は、あまり深く書きすぎてもよくありませんし、形式的な薄い内容でもあまり適しているとはいえません。

感謝の気持ちを言葉にして、自分側の体調についてばかり書くのではなく、相手の健康を配慮する言葉も加えておくと気遣いを伝えれます。
退院時の様子は、前向きに書きすぎると本当に元気なのかと心配させてしまうので、ネガティブすぎず、程よい近況報告になるよう心がけるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:快気祝い

このページの先頭へ