快気祝いを多数の人に送るなら、送料無料で贈れます。

入院をしている間にお見舞いに来てくれた人にはお礼をするようにしましょう。
病気だけに2度と無い事という意味を込めて水引は結びきりにします。
全快している場合は快気祝としてまだ全快になっていない場合には快気内祝とします。
退院後は体の調子もまだ戻っていない場合もあるので、宅配便などを利用して贈るようにしても失礼ではありません。

また、インターネットで快気祝いを専門にしているサイトもありますので利用するととても便利で、メッセージカードを添えてくれるサービスなども取り扱っている店舗のサイトもあります。
この様なサービスでは定型文が用意されていますのでその中から選ぶ事も出来ますし、自分のオリジナルの文章でメッセージを作成する事も可能です。

贈る品物は病気が後に残らないという意味合いを込めて消えてなくなるものが選ばれています。
一昔前には赤飯や紅白饅頭などが贈られていましたが最近では石鹸や洗剤、お菓子や調味料といった物がよく選ばれています。

どうしても何を贈っていいのか分からなかったり迷ってしまう場合は相手に品物を選んでもらえるカタログギフトがオススメです。
贈る品物の金額はお見舞いに来てくれたときに貰った金額の半分から3分の1程度が一般的になっています。

快気祝いでは高価な品物を贈る必要はありません。
最近は大手のデパートなども送料無料となっている場合もあり、快気祝いを贈る場合には送料もかなりの額になってしまいますので送料無料となっているショップを利用するとお得です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:快気祝い

このページの先頭へ