いざという時に役立つ快気祝いのマナーとは

快気祝いとは、病気やけがが治った時にお世話になった方やお見舞いに来て頂いた方へ全快の報告を兼ねてお礼のあいさつをすることを指します。
この快気祝いにも当然マナーがありますので注意しなければなりません。

金額の目安としては、頂いた品やお金の2分の1から3分の1程度の金額のものを選ぶのが通常です。贈るものは後に残らない物を選ぶのがマナーです。
病気(ケガ)が後に残らないようにという気持ちが込められています。

そのため、お菓子などの食品類やせっけん・洗剤等が適しています。
入浴剤や、後に残るものでもタオルなどは病気を水に流すという意味を持つためよく使われます。

この時、のし紙の水引は、病気は1度きりでいいので紅白の結び切りにし、表書きは快気祝、快気内祝とします。
快気祝いを送るタイミングは体が本調子になってから行います。
入院していた方は退院後10日程度経ってからくらいが目安でしょう。

しかし、中には退院後も自宅療養の必要がある方もいます。
自宅療養される方は、自宅療養後に全快してからでも構いませんが、退院後にお見舞いお礼として礼物を送るのがマナーとされています。

お見舞いを頂いていない場合でも、例えば病院の医師や看護師の方など、入院中お世話になった方たちには快気祝を送る気遣いも大切です。
これらは一般的な考え方ですが、地方によっては違う風習の地域もあります。
その場合は地域の風習に従って快気祝を送るようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:快気祝い

このページの先頭へ