快気祝いの品物は、半額から3分の1程度の金額の消耗品を贈るのが良い

快気祝いとは病院を退院した時などにお見舞いに来てくれた人たちに感謝の気持ちを伝える事を指しています。
これはお見舞いに来てれた人に病気がもう良くなったという事を知らせると同時にもう病気にならないようにする区切りの意味もあります。

贈るタイミングは退院したらすぐにという訳ではなく少し様子を見てからでも遅くはありません。
どの程度の額のものを贈ればいいのか迷ってしまいますが一般的にはお見舞いの時に持ってきてくれた物の半額から3分の1程度の金額の品物を贈るようにしましょう。

また贈る品物ですが消耗品を贈るのが良いとされています。
これは病気が綺麗に治って後に残らないという意味合いが込められおり、具体的には砂糖や石鹸、洗剤などです。

食品の場合だと食用油、お菓子、調味料といったものになります。
快気祝いには高価な物を贈る必要はありません。
贈り物全般に言える話ですが、相手の気持ち、相手が好むものを贈ると良いです。

気をつける点として日本茶は香典返しによく贈られる事からタブーとされていますので避けておいた方が無難でしょう。
表書きには快気祝いまたは快気内祝いと書きます。
お見舞いに来てくれた人や品物を贈ってくれた人にはお礼の手紙を添えておくと良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:快気祝い

このページの先頭へ