病気が完全に回復したことを報告する快気祝いの相場

病気をして入院している際に、病院へお見舞いに来てくださった方やお見舞いをいただいた方にはまずお礼状を出して、その中で病状の報告をするようにします。
その後、病気が完全に治り退院したり、床上げをしたらお見舞いをくださった方などに完全回復しましたということを伝える意味も込めて快気祝いを贈ります。

もともとは病気が完治したお礼として赤飯を配っていたことが始まりで今に至っています。
お見舞いをいただいた方すべてに快気祝いを贈るのがマナーとなっており、なるべく早く10日以内を目安に贈るようにしましょう。

快気祝いの相場には特に決まりはありませんが、いただいた金額の半額から3分の1を目安に贈ると良いでしょう。
病気が完全に回復したことを報告し祝うために贈るものですから、贈る品物はなるべく後に残らないようなもの、食べ物や洗剤や石鹸などの日用品が良いとされています。

のしは紅白の結び切りのものを選ぶようにして表書きには快気祝と書きます。
もし病状が思わしくなく退院や完全回復までに時間がかかりそうな場合には入院中にお返しを贈るようにしてください。

その場合にはまだ完全でないのに快気祝として贈ると誤解を与えてしまう可能性もありますので、退院内祝いやお見舞いお礼などとして贈ります。
贈る際には相手方が心配しないために病状の報告も忘れないようにしてください。
また退院お祝いとして品物や現金でなく、自宅に招いての食事会を開いても良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:快気祝い

このページの先頭へ