東の伊勢丹、西の阪急と言われている阪急梅田百貨店はリニューアルし、現在人気の大手百貨店です

阪急百貨店は日本でも大手に当たる百貨店の一つです。
大阪に本社を置き、以前は法人として2つ存在していましたが、2008年に合併して阪急梅田百貨店と言われるようになりました。現在は阪急うめだ本店となり、地元や雑誌などでは通称うめだ阪急と呼ばれています。

ファッションやコスメなど、ビューティー関連商品は関西一と言われ、東の伊勢丹、西のうめだ阪急と呼ばれているほど女性のファッション流行発信地として人気があります。

阪急電鉄梅田駅の南側にあるうめだ阪急ビルに入っている本館と、船の形に似ている特徴的な建物HEPNAVIOの地下1階から地上5回までの売り場を誇る阪急メンズ館で構成されており、男性にも人気のある百貨店です。

ホームページでは随時最新の情報を提供しており、季節ごとの催し物やお得な情報を発信するとともに、トレンドアイテムやおすすめ商品などもピックアップして紹介されています。

ファッションはもちろんですが、13階にあるレストランでは毎年ビアガーデンマルシェを開催し、世界のマルシェをテーマに食べ歩きの気分で食事や飲み物などが楽しめると好評です。また、お得なポイントカードもありますので、ショッピングの際には利用してみてはいかがですか。

関西は遠いという方でも、オンラインショッピングでうめだ阪急を利用することができます。衣類はもちろんギフト商品も販売されていますので、お歳暮やお中元、内祝のお返し物など、百貨店で買い物するのと同じように利用可能です。
是非、ホームページをチェックしてみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:百貨店

このページの先頭へ