江戸時代から商業や文化の中心地として栄え、伝統と新しさが共存する日本橋にある高島屋は老舗百貨店です

江戸時代から商業や文化の中心地として栄え、古き良き伝統と新しさが共存するおもてなしの街・日本橋は、観光スポットやおしゃれなお店、様々な催し物など、常に時代の先端を行っています。街並みを歩くだけで洗練された空気を味わえ、カフェや老舗商品からトレンドの買い物や、季節に合わせたイベントまで楽しむことができます。

そんな街にある高島屋は、JR東京駅八重洲北口から徒歩5分で、東京メトロ銀座線・東西線や都営地下鉄浅草線の日本橋駅からも近くとても便利です。
創業は1831年(天保2年)で会社設立は1919年(大正8年)と歴史が古く、本社の所在地は大阪ですが、店舗は国内に20店舗のほか海外に3店舗あります。

経営理念の基本に「いつも、人から」を掲げ、人の心を大切にする精神と活動を通じて社会に貢献していくことが、今後の企業のあるべき姿であるという考えを強調しています。

私達の生活に欠かせない贈答品は、季節のあいさつや行事の引き出物、祝い事から弔事に至るまで、さらにそのお返し物など、贈る相手や年齢など幅広く、その都度品物選びに頭を悩ませるものです。

そんな場合は、こうした百貨店が重宝します。
百貨店は一つの建物の中に衣類、食品、住居関係など生活全般にわたる商品を豊富に取り揃え、店員の対面販売によってグレードの高い商品を購入することができる大型店なので、必ずお気に入りの品物を見つけることができるでしょう。

そんな百貨店を代表する高島屋の包装紙や紙袋は、上品な美しいバラ模様で、格式と信用を醸しだしているため、贈り物を受ける側に品物と一緒に高級感と安心感も贈れます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:百貨店

このページの先頭へ