熊本にある県民百貨店の魅力とは

「県民百貨店」は、熊本県熊本市にある百貨店です。
2003年に「くまもと阪神」として開店し、2011年から「県民百貨店」に店名を変更しました。

この百貨店は、日本三名城の一つとされる熊本城を正面から望む事が可能で、各フロアに設けられた休憩スペース及び展望エレベーターは、熊本城を眺める人気スポットにもなっています。

更に、地下1階フロアには、熊本県内唯一の地下街・熊本交通センタープラザへの出入口や、辛島公園地下連絡通路への出入口が設けられており、周辺施設や繁華街へのアクセスも大変便利になっているのが特徴です。

開店当初は阪神百貨店と提携していた為、九州で唯一阪神タイガースショップがある百貨店としても良く知られており、8階にある大小2つの催事場スペースでは、常に様々な催しを行い来店者を集めています。その他にも、屋上広場ではウルトラマンショーが開催されるなど、子供から年配の方まで幅広い年代の人が楽しめるよう工夫がなされています。

また、「一生青春百貨店」をキャッチコピーとしていて、そのコンセプトである「こころトキメクアイテム」を紹介する記事が、毎週月曜日の「熊本日日新聞」夕刊に掲載されている他、若手女性社員4人で結成され、カフェや現地の農業高校の生徒たちとの連携で独創性溢れるスイーツを開発し販売している「スイーツ女子部」や「ケンミン肉食女子部」など新しい商品開発にも力を入れており、今後にも期待が持てる百貨店と言えます。

これら様々な魅力を持つ「県民百貨店」へ、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:百貨店

このページの先頭へ