そごう大宮店は昭和62年に開店し、20年以上の歴史を誇ります

楽しさと親しみに満ちた伝統ある百貨店そごうは、天保元年、初代十合伊兵衛が大阪坐摩神社近くに創立の基となる「大和屋」を開業し、明治10年、大阪心斎橋に「大和屋」を移転し「十合呉服店」として本格的な百貨店経営がスタートされました。

昭和44年に会社設立50周年を迎え「株式会社そごう」に商号を変更し、以後店舗数を次々と増やしていきました。
埼玉県には2店舗あり、そのうち大宮店は昭和62年に開店し、20年以上の歴史を誇ります。

フロアの構成は、地下2・3階は駐車場で、地下1階に食品売り場、1階は婦人靴・洋品小物・バッグ・アクセサリー類を置いています。

2階には化粧品やプレステージブランドが並び、3階から5階までは婦人服やインナーウェア、宝飾品が置いてあり、また、5階は子供服やおもちゃ類の売り場になっています。紳士服は6階のスポーツ用品と同じフロアに位置し、インテリアや美術品は7階、8階には生活雑貨館も存在するので、ここで全ての買い物を済ませる事が可能です。

そして、9階にはレストランが用意されているので、長時間のお買い物でも食事の心配はいりません。
1階の特設会場や7階の催事場では、様々な物産展や展示会を期間限定で行い、各フロアでもイベントやフェアを開催していて、売り場は常に賑やかで活気を感じます。

また、次々と切り替わるイベントには新鮮さを感じられるよう、顧客を飽きさせない工夫が随所に見られます。
催し物やフェアはそごう大宮店のホームページで確認出来るので、興味のあるイベントがあれば是非足を運んではいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:百貨店

このページの先頭へ