有名な東急百貨店の紹介

日本全国には、豊富な品揃えと専門店の数で人気を集めている百貨店が多くあり、東急百貨店もその一つです。
東急百貨店は、「東横百貨店」と「白木屋」という百貨店が、1958年に合併して誕生しました。

渋谷区に本店を置き、他に、渋谷駅・東横店、渋谷ヒカリエShinQsがあります。
支店には、吉祥寺店、たまプラーザ店、さっぽろ店を展開しており、それ以外には、町田東急ツインズ、ながの東急百貨店などの店舗を運営しています。

本店は地下3階、地上8階建ての建物で、地下には駐車場と食品売り場が、地上は婦人服、紳士服、子供服や宝石、時計、眼鏡売り場の他、スポーツ用品売り場や書店などの専門店が多くあります。

もちろん、喫茶店やレストランなどもありますし、屋上にはペットサロンがあり、夏季にはビアガーデンも開かれます。
渋谷駅・東横店、吉祥寺店、たまプラーザ店、さっぽろ店も、階数は違いますがほぼ似た構造をしており、食品から服飾品まで豊富な品揃えです。

そして、他の店舗と少し構造が違うのが「渋谷ヒカリエShinQs」で、地下3階、地上5階建ての構造で、地下2、3階は食品売り場、地下1階、地上1階は化粧品や美容用品売り場で、2階から4階には衣料品、5階はライフスタイル雑貨となっています。

その中でも、特筆すべきは多様なブランド商品です。
食品では「下鴨茶寮」や「鹿鳴館」、「京橋千疋屋」など、多数の有名店の惣菜やスイーツを購入できます。
衣類や化粧品のブランドも豊富ですので、特に女性に嬉しい店舗になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:百貨店

このページの先頭へ