デパート・百貨店の由来と成長

デパート・百貨店は同じ意味を持ち、前者の呼び方は主に関東地方で使われ、後者は関西地方で使われています。
これらは、数階建てで面積の広い大規模な店舗に複数分野の専門店をジャンルごとに集約し、多種類の商品を展示・陳列して販売する小売店の事です。

百貨店は数多い商品を取り扱う事に由来しており、デパートは英語で言うデパートメントストアを省略した呼び方となっています。
世界で初めての百貨店は1852年のパリに存在したと言われており、19世紀中頃にこの様な店舗が出現した原因は、産業革命にあると考えられます。

その後、百貨店の店舗が急増し、急成長を遂げました。
その急成長の要因としては、都心部への人口集中や大量生産体制の進展、定価制度の導入などが挙げられますが、第二次世界大戦後は富裕層が減少し、デパート・百貨店は一時的に衰退しました。

最近でも、スーパーマーケットやチェーンストア、インターネットショッピングなどの普及により、競争の激化が進んでいます。その競争に打ち勝つために、業務提携や合併が盛んに行われています。更に、日本では郊外型の大型ショッピングセンターやアウトレットモールなどが急増していて、競争に拍車をかけている状態です。

日本の歴史としては、1904年に呉服店が合資会社の呉服店から株式会社を設立する際「デパートメントストア宣言」を発信したことにより、それが始まりだという説もあります。
日本の場合、多くは呉服店か鉄道会社が起源となっており、今でもその二つに分類できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:百貨店

このページの先頭へ