引越し専門業者は多様化しており、差別化を図るために各社工夫を凝らしています。業者の選び方を紹介します

大学進学や入社などで生活の場を移動して、4月から新生活を始めるという人は多くいます。引越しの作業は個人でも行えますが、荷造りやトラックの手配など手間暇がかかり大変です。

引越しの際は、転出・転入の届けや、現在の居住地のガス・水道などの契約解除と新しい住まいでの契約といった事務的な手続きもしなければならず忙しいので、荷造りや荷物の搬出・搬入は引越し専門の業者に依頼しましょう。

近年、引越し専門業者は多様化し、女性のスタッフのみを配し丁寧できめ細やかなサービスを行なっている企業や、全国に営業所を持ち急な引越しにも対応可能な業者、単身者向けやファミリー向け、女性向けといったプランが充実した会社など差別化を図るために各社工夫を凝らしています。

価格も企業によって異なるので、引越し専門業者を選ぶ際は、見積り金額や応対の態度、ある程度の知名度があるかどうかをポイントに選ぶと良いでしょう。
料金はあらかじめ複数の業者に見積り依頼を行います。

これは相場を把握するために必要なことですが、引越し依頼の交渉の際にも役立ちます。例えば他社の見積りを出しても値引きに応じなかったり、値引きの話をした途端に態度が悪くなるような業者は丁寧な仕事は期待出来ないので避けた方が良いでしょう。

また、業者のネームバリューは一見関係なさそうに思いますが、名の通った企業は資材やスタッフを多く抱えており、社員教育も行き届いている場合が多いです。
しかし、地元密着型の業者は、知名度が低くても格安料金で迅速丁寧な作業をしてくれるところも存在しますので、対応を見極めて引越し業者を選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:引越祝い

このページの先頭へ