海外への引越しで気を付けたい業者選び

日本国内であろうと海外であろうと、基本的には引越しに必要なことは同じです。
引越し業者を決める時には、まずはいくつかの業者から見積もりを出してもらって比較してからが一般的となります。

ただし、海外への引越しの場合に気を付けなければならないのは、国土交通省からの認可を受けている業者かどうかを確認することです。
これは、外航運送に係る第二種貨物利用運送事業というもので、この認可を受けている業者なら、海外の引越し業務の経験が豊富なので安心できます。

国内の引越しと違う点は、梱包した荷物を輸送したあと、船便などを利用して海外へ運び、さらに現地港に到着したのちは、輸入通関や現地の転居先までの配達という何段階もの手続きと運搬がある点です。
このため、国外への充分な知識と経験が業者には要求されるのです。

また、海外への引越しで必要となるのが、日本語のサービスがあるかどうかという点も挙げられます。
大きな業者なら日本語サービスがあるので安心して依頼できますが、小さな業者の場合はこのサービスがないことが多いので、確認しておきましょう。

そのようなサービスを付ければ引越し費用が割高になることもあるので、なるべく初めから大きな業者を選ぶことをお勧めします。
引越し料金も業者によって違いがあり、初めに言ったように見積もりを取る必要があります。

国内の引越料金として比較すると、海上運賃や保険料などが余計にかかることになります。
また、電化製品などは日本とは電圧が違うので利用できない国もあるということに注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:引越祝い

このページの先頭へ