引越しガイドを活用することで、お金も時間も効率のよい引越しができます

個人の趣味で引越しをする人もいますが、多くの人は入学や転勤で引越しをすることがほとんどだと思います。
そこで、お金も時間も効率のよい引っ越しをしたい方にお勧めなのが、引越しガイドです。
まず引越しが決まったら、業者を選びます。

自分たちで引越す場合は、この作業は不要です。
引越し業者の見積もりは、2社から3社程度取れば十分だと思います。
値段とサービスを比較して、自分に合った業者を選びましょう。
それからは、ペーパーワークになります。

引越す前に、電気やガス、水道を止める必要があるので、事前に連絡をします。
また、新聞やインターネット、免許証など、住所を書き換えるものもたくさんあるので、一覧にしておくと漏れなく変更することができるでしょう。

電気やガス、水道は、ほとんどの場合、引越しの連絡をすれば新しい住所での手続き方法も教えてくれますが、念のためにきちんと確認しておきます。
そして、一番時間のかかるものが荷造りです。

すぐには使わない大きなものから順番に段ボールに詰めていきます。
そして、最終的には旅行鞄一つを持って引っ越しできる程度まで段ボールに詰めてしまいます。

途中で必要になって段ボールを開けたりすることのないよう、計画的に詰めることが大切です。
大きい家具など、新しい引越し先には入らない場合には、粗大ごみの連絡も必要となります。

連絡をしてすぐに引き取りに来てくれるわけではないので、早めに連絡しておくとよいでしょう。
このように、引越しの際には作業がたくさんあるので、これからすることを紙に書いて、一つずつチェックしていくことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:引越祝い

このページの先頭へ