引越し祝いには守るべきマナーがあります

親族や友人、知人が引越しをした場合、新生活をお祝いするために引越し祝いを渡すことがあります。
しかし、単純に引越し祝いを渡すと言っても、守るべきマナーがあり、贈り物を渡すタイミングや贈ってはいけない物などがあるので注意が必要です。

親しい間柄の場合にはそこまで拘ることはないかもしれませんが、目上の人や礼儀をもって付き合うべき人に対して失礼なことはできません。
そこで、まずは引越し祝いのマナーについて知識を持っておくことが必要です。
渡すタイミングとしては、これは、引越し前に渡しておくのがベストだと言えます。

仮に引っ越し前に渡せなかった場合でも、引越し後の2週間から1ヶ月以内には渡しましょう。
ただし、引越し直前と言うのは何かとバタバタしているので、引越し前とはいえ、時期は見計らいます。

新居へ招待してもらえる場合は、その時に渡せばいいでしょう。
そして気をつけたいのが、贈ってはいけない物についてです。
「火を連想させるもの」や「傾くもの」、「割れるもの」などはタブーとされています。

要は縁起が悪い言葉を連想させる物で、結婚した夫婦に割れるものを贈るのは離婚しろと言っているようなものですし、お店を開店させた人に傾くものを贈るのは潰れろと言っているようなものです。

相手が欲しいと言うのなら別ですが、そうでない場合には、贈り物選びは気をつけましょう。
失礼のないように、マナーを理解した上で贈る物を選択します。
相手の気持ちに立って考えてみれば、自ずと最適な贈り物も見つかるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:引越祝い

このページの先頭へ