新築に引越しする際は自分たちで箱詰めをしておくと運搬代の節約に

環境を変えて新しい住居に住むというのは、身も心も一新されて気持ちの良いものです。
今まで賃貸のアパートやマンションに住んでいる人が、新築の一戸建てを購入した場合などはその喜びは人一倍のものがあります。

しかし、煩わしい引越作業もうきうきとしてくるに違いありませんが、その時に考えて欲しいのは引越業者の選び方です。
業者にもピンからキリまであって、値段もまちまちですが、新築のローンもこれから払っていかなければならなく、自分たちで出来ることはなるべく自分たちで行うようにし、可能な限り余計な出費は控えて節約したいところです。

例えば食器類の箱詰めとか、衣類の箱詰めなどは自分たちでやるようにすれば、その分安くなります。
また新居へ移るのですから、不用品などは「断捨離」の気持ちで処分するように心がけましょう。
必要だと思って取っておいたものでも、これまで一度も使っていないものはこれからも使うことはないという気持ちで臨むようにします。

そう思って、思い切って処分をしてしまうと荷物が少なくなって、予算的にも安く上げることが出来ますので、このようにあらかじめ自分たちでやっておくと、荷物の整理もはかどります。
それが済んだ時点で、いくつかの業者に見積もりを出してもらう様にしましょう。

その時に、後々に揉めないように運搬方法など作業の手順などについてはしっかり確認しておくことが必要です。
特に新築住宅は、近所付き合いが出来ていないため、引越業者の対応次第では、周りの方への印象も変わってきてしまいます。
もちろん、安い業者を選んで、壁紙に傷など付けられては、ショックも大きいので新築の引越の際はパートナーを厳選しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:引越祝い

このページの先頭へ