引越祝いに花を贈る場合のポイント

友人や知人が自宅を新築したり、ライフスタイルの変化で引越しをした場合に、引越祝いに花を贈ろうと考える方もいます。その際に、花を贈るポイントについて挙げていきます。
まず、時期ですが自宅を新築したり、新築マンションを購入しての引越しの場合は、完成後半月以内、または新居披露に招待された時に贈ります。

新築ではない引越しの場合は、引越し前後の忙しい時期は避けて、少し落ち着いた頃に都合を聞いた上で伺うようにします。
次に、選び方ですが、どちらの場合も火を連想する赤メインのものは避けた方が良いと言われています。
相手が赤いバラが好きだったり、赤をリクエストされた場合は、他の色も混ぜて赤一色にならないように注意すると良いでしょう。

選ぶのに迷ったら、どんなインテリアにも合うようなアレンジメントをフラワーショップの店員さんに相談して選ぶことをおすすめします。
また、引越して間もない場合は、花瓶などが揃っていない場合がありますので、そのまま飾れるアレンジメントなどを選ぶと良いかもしれません。

あとは、引越し後で何かと忙しい時期でもありますのので、手入れに手のかかるようなものではなく、水やり程度で済むものを選ぶのがおすすめと言えます。
引越祝いに贈る花の選び方には、以上のようなポイントがありますので、こうした点に注意をして、新居を明るくし、相手にも喜んでもらえるようなものを選ぶようにして下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:引越祝い

このページの先頭へ