卒業祝いに何かを贈る際には一緒にカードを添えてみませんか

卒業祝いとは、学校で全ての過程が学び終えた時に渡す贈り物やお祝い金のことで、子供の成長を祝う儀式の一つでもあります。
小学校、中学校、高校、大学それぞれの卒業式前までに贈ると良いのですが、遅くなった場合でも3月中には相手へ渡せるようにしましょう。

一般的にこのお祝いは身内だけで行うものなので、両親から子供、祖父母から孫、叔父叔母から甥や姪に向けて贈られる場合が多いです。
とても親しい間柄であれば、先輩や後輩、職場の上司の子供などに渡すケースも見られますが、基本的に身内の祝い事なので渡さなくても問題ありません。

こういった相手に対して贈る卒業祝いはプレゼントする物も様々で、定番の現金の他に、腕時計や靴など多彩で、また贈られる側の性別や、小学校や高校といったどの学校を卒業するかによっても変わってきます。
そして、このようなギフトを贈る際に、メッセージが入ったカードを添えて贈ることをお勧めします。

無料で使用出来るテンプレートをインターネットからダウンロードして使えば、手軽で非常に便利です。
卒業は春ですから、桜の花が描かれたものなど、春という季節を感じられるデザインのカードを使用して贈っても良いでしょう。

また、これを手作りしてしまう方法もあります。
作り方の一例ですが、白い用紙に手書きのメッセージを書いた後、そこに手で千切ったピンク色の画用紙や和紙を、のりで好きな場所に貼り付けるだけです。

ピンク色は桜の花びらをイメージしており、和紙を使えば味も出ますし簡単に作れます。
卒業祝いにメッセージの書いてあるカードを贈れば、相手にもより喜んでもらえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:卒業祝い

このページの先頭へ