卒業祝いのお礼状はどういった内容を書くか

これからまた、新たに頑張ろうと決意を改める一日というのは、人生において何度か到来するものですが、卒業というのもそういう日でしょう。
その卒業の記念に、家族や親せき、知人からお祝いを頂く事があります。

学生として、また、社会として、新しい一歩を踏み出すという事にもなるので、卒業祝いのお礼は自らする事が必要です。
卒業祝いのお礼という意味で、内祝いという名目でギフトを贈ると共に、お礼状を添えるという事も相手への礼儀として大切な事になります。

お礼状のポイントしては、相手との親密度で形式を変えて文のまとまりを持つようにする事、誤字や脱字、敬語の使い方、手紙文の構成および改行位置に気を付ける事などが挙げられます。

とはいえ、これまでにお礼状を書いた事がないというのも、卒業祝いをもらう年齢ではあり得る話です。

その場合には、基本的な例文などを参考にしてみると、書き出しやすいかもしれません。
自分自身の事や、将来の希望などを書き添えると共に、きちんとしたお礼の言葉を書くことが基本です。

例文は、インターネットで検索すれば見ることが出来ますし、また、ギフトを購入したお店などに用意されている場合もありますので、そういったものをうまく利用してみましょう。

普段は中々文章を上手く書けない人や、気持ちを文章で伝えられないという人でも、例文を利用する事によって、そこに自分の気持ちなどをプラスすればいいので、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:卒業祝い

このページの先頭へ