最近の卒業祝いの相場を確認してお祝いしよう

卒業祝いは、一般的には就職して社会人の生活を始める時に行うことが一般的ですが、食事をしたりして家族で新しい門出のお祝いをすることもあります。
就職する場合は、卒業祝いと就職祝いを兼ねてお祝いするのが普通で、進学する場合は、入学祝いとしてお祝い品を贈ります。

また、お祝いを贈るのは、家族、親戚、家族付き合いをしている方が殆どで、なるべく直ぐ使える実用品を贈るのが良いでしょう。
卒業祝いは、身内や特別に親しい間柄でなければする必要はありませんが、他の地域に引っ越す場合もありますので、もし贈るならばなるべく早く贈りましょう。

小学校卒業や中学校卒業の場合は、次の学校で使う学用品等を贈ることも多く、5千円~1万円程度が贈り物の相場ですが、贈る相手の親密さによっては金額が上がる場合もあります。

贈る時は、のしや水引をつけて贈れば間違いはありませんが、金封で贈っても良い場合もあるので、贈る相手との関係性を考慮して決めましょう。
なお、贈ってもらった場合はお返しを考えなくてはいけません。

お返しとしては、基本的に半返しになり、金額や相手との関係性、相手の資力によって半返しでなくて良い場合もあります。
この場合も、最低3分の1返しという地域が多いですが、あまりにもお祝いが高額な場合は、3分の1返しを考えなくて良い様です。

また、お返しの品は当然贈りますが、電話とお礼状、そして親御さんが挨拶に行き、さらにお中元の品物という風に、分けて徐々にお返ししていくという地域もあります。
基本は押さえつつもその地域の風習がありますので、近所の方に聞いてみるなどして、お祝いやお返しの相場を確認すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:卒業祝い

このページの先頭へ