文例集を参考にして卒業祝いを贈る

自分の子どもはもちろん、親戚や近所で成長を見届けてきた子どもが卒業して社会という新たな道に進む時、贈り物をする方は多いと思います。
お金や商品券、または物でお祝いを贈る場合、そこにちょっとしたメッセージを添えると素敵です。

遠くにいる方には、電報を使うこともあります。
節目に頂いた言葉や手紙は、いつまでも心に残っているものです。

卒業祝いと就職祝いは同時期のお祝い事なので、両方のお祝いを兼ねた文章で書くことが多く、基本的には本人に宛てますが、家族との付き合いが主となる場合は家族に宛てて送ります。
子供の成長、そして大きな節目でもありますので、成長をサポートし続けた家族へのねぎらいとお祝いの言葉も忘れずに添えて、新たな門出を激励すると良いでしょう。

激励とはいえ、押し付けとなるような戒めは控えた方が良く、一文目は一番伝えるべきお祝いの言葉で始めます。
相手との関係によってですが、改まって書く場合は季節の言葉を最初に添えると綺麗にまとまります。

手紙の書き方の文例などを紹介しているサイトがたくさんあるので、良いと思ったものを参考にして自分の言葉に変えて書くと良いです。
大切なのは、贈る側の喜びを相手に伝えることです。
また、電報の場合も同じです。

電報の場合は短い文章にまとめるのでどんな言葉にするか悩みますが、こちらもたくさんの文例集があるので参考にすることをお勧めします。
現在は色々な種類の電報があるので、相手にどんなものが喜ばれるかを考えながら選ぶのも楽しいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:卒業祝い

このページの先頭へ