英語で卒業祝いのメッセージを贈ってみよう

3月は卒業の季節です。
旅立ちを迎える人に向けて、卒業祝いのメッセージを贈る方もいるでしょう。
電報で贈ったり、メールやカードで贈るという方もいらっしゃるでしょうが、記憶に残るものとして、英語の文章で贈ってみるというのはいかがでしょうか。

例えば簡単なものでしたら、Congratulations, you have got itというものがあります。
こちらの意味は、おめでとう、やりましたねという親しみのこもったものですので、友達や後輩などに向けたメッセージにぴったりです。

また、The best wishes for your futureは、あなたの未来に幸あれという意味になり、これもまたお祝いとしてとてもふさわしいでしょう。
こちらは年齢も関係なく、卒業だけではなく、いろんな場面で利用することが可能なので、覚えておいて損はありません。

卒業を祝福するお手紙やカードを書いて、その文末に一言添えるだけでもとても印象的なものになります。
卒業はとても思い出に残るイベントですので、インパクトがあるメッセージや贈り物をサプライズプレゼントにするのをお勧めします。

英語は、普段照れくさくてなかなか伝えにくいことも表現しやすいという不思議な言語ですので、こういう機会に活用してみると良いでしょう。
卒業おめでとうの言葉と共に、その方を応援していることや大切に思っているということ、これからも仲良くしていきたいといった素直な気持ちを書いて贈ってみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:卒業祝い

このページの先頭へ