卒業を祝して、普段なかなか言えないような卒業祝いの言葉を贈る

子供もが成長していくと卒業という物があります。
幼稚園、小学校、中学校、そして高校や大学と年齢を重ねる事に子供はどんどん成長し、いずれは親元を離れ、1人で生活するようになります。
こう考えると子供への卒業の言葉は数えるほどしか贈る事がありません。

卒業祝いの言葉は、子供にとって生きてく上で活力となっていきます。
何か壁に当たった場合に卒業祝いの言葉が子供を支える可能性もありますので卒業祝いは普段なかなか言えない言葉を伝えてあげましょう。

恥ずかしいからと素直に言葉に出さないでいると子供へ贈る言葉の機会はどんどん少なくなっていきます。
高校生になれば大学へ進学し、1人暮らしを始める子も出てきますし、1人暮らしになると実家へ帰ってくる機会も1年に数えるほどしかありません。
照れくさい気持ちを振り払って出来るだけ子供に卒業祝いの言葉を贈りましょう。

親御さんの気持は必ず子供に伝わりますので、どんなに格好良い言葉を贈っても気持が入っていないと伝わらないので、格好良い言葉ではなく素直な気持ちを伝えるのが大事です。
反抗期で子供と上手く言葉を交わす事が出来ない場合などは手紙などで伝えるようにし、反抗期は親と話すのが凄く恥ずかしかったり、怒ってしまったりします。

しかし親への甘え、または、信頼している証拠ですので、しっかりと向き合い、気持ちを伝えれば必ず伝わります。
私達の子供に産まれてくれてありがとう、という言葉を贈るのも素敵です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:卒業祝い

このページの先頭へ