昔から人類と付き合いのあるはちみつは美容や健康に優れた効果がありますので、ギフトに贈ってみてはどうでしょうか

ミツバチが花の蜜を集めて、巣の中で加工・貯蔵してあるものをはちみつと言い、自然界の中で最も甘い蜜と言われています。
はちみつと人類の関係は古く、人類が初めて使用した甘味料とも言われており、イングランド南部で紀元前2,500年頃に壺形の土器に保存されていた跡が発見されました。

現在も調味料として使われていますが、特に美容や健康の効果が優れています。
はちみつの糖分は体に吸収されやすいのですぐに栄養が補給されますし、グルコン酸という成分が高い殺菌作用があるのでのどのケアにもお勧めです。

吸水性・保水性が良いため肌やシャンプーに使っても良いですし、ビタミンが豊富なので食べても美容効果があり、アルコールを分解する力があるので、飲酒前後に食べれば二日酔いにも効果的です。殺菌作用で腸内の環境を整え、便秘にも効くなど良いこと尽くめですので、勿論ギフトとして贈るにも最適と言えます。

はちみつそのものを贈っても良いですし、さらに加工したハニージャムやキャンディー、スイーツ等も食べやすいので良いのではないでしょうか。さらには、ビネガー等に加工したものや、ミツバチの巣をそのまま切り取ったコームハニー等は、蜜蝋で作られた仕切りの中に糖度の高い蜜が詰まっており、そのまま丸ごと頂くことができます。

また、雑貨もありますのでそちらを贈っても喜ばれるかもしれません。
味も、どの花から採れたかによって違いますので、色々な種類を贈って楽しんで貰うのも良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ギフトについて

このページの先頭へ