最近のお酒のギフト事情

「大切な人に感謝の気持ちを込めて」「記念日のお祝いに」「頂いた気持ちのお返しに」など、私達は感謝やお礼、お祝いなどに贈り物で気持ちを表すことが多いです。
贈り物として定番のお酒は、百貨店やデパート、スーパーなどで箱詰めしたものを買ったり、電話で有名な銘柄を取り寄せたりして購入します。

インターネットやモバイルが当たり前の時代、日本全国または世界各国から様々な種類が購入でき、更にオリジナリティーの高いものまで簡単に入手できます。

各地の銘柄が選べることはもちろん、ミニボトルの詰め合わせセットや飲み比べセット、お菓子やおつまみが付いているセット、グラスや焼き物のセットやお花のセットのものなども増えているようです。

メッセージはカードなどで添えるものというイメージが多いですが、最近ではラベルに記載することが珍しくなく、メッセージ・記念日・名前・写真・似顔絵・赤ちゃんの足型・愛車など、様々なことを依頼することができます。

ラベルでは、印字だけでなく一枚一枚手書きしたものや、彫刻やエッチングなどの手が込んだもの、木箱に焼き入れをしてくれるものもあります。

誕生日、結婚、出産、記念日、賀寿、新築祝、昇進・退職祝、父・母・敬老の日、表彰など、どんなことにでも対応していて、お酒の種類も豊富に揃っています。
贈られた相手に、喜びの他に感動までも贈れる世界に一つしかないお酒のギフトで、贈り物の一番の目的である「気持ちを伝える」ことができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ギフトについて

このページの先頭へ