イオンギフトカードの特徴

最近は電子マネーやプリペイドカードで支払いできる店舗が急速に増えています。
そのバリエーションの一つに「イオンギフトカード」があり、「イオンギフトカード」とは、全国のイオングループ各店で商品券として使用できるカードのことです。

金額は1,000円から10万円までと幅広く取り揃えられており、おつりが出た場合はカード内に残高として残るので、スマートな会計が可能となります。このギフトカードの詳しい使い方を紹介しますと、全国のイオングループ店舗で使用できますが、一部取扱いしていない店舗もありますので、公式サイトで事前に調べておくと良いでしょう。

支払いの際にギフトカードで支払う旨を伝え、レジ係へ渡します。
余った残高はカード内に残るので、次回に使うことができます。

カードの残高はレシートや公式ホームページ、専用フリーダイヤル、ギフトカードを取り扱っている店舗のレジで確認ができ、全額使ったカードは各店のリサイクルボックスへ入れると処理されます。イオンギフトカードは贈り物にも最適で、贈り物として購入する際はまずカードデザインを選びます。

20種類以上あるベーシックデザインの他に、「ピーターラビット」や「ピングー」など人気のキャラクターデザインのカードも用意されています。デザインを選んだら1,000円から10万円の間で好きな金額を現金でチャージし、あとはそのカードを相手へ贈るだけとなりますので、イオングループ店舗をよく利用する方には喜ばれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ギフトについて

このページの先頭へ