花をギフトにする時のマナーとは

贈り物には色々なルールやマナーがあります。
では、花をギフトに選ぶ時には、どのような事に配慮すれば良いのでしょうか。
まず、誕生日、結婚記念日、結婚祝いなどのお祝いの場面では、仏花などを除いて基本的に何を贈っても構いません。

贈る相手の好きな花・色・思い出など、喜んで貰う事を最優先に考えて選びましょう。
ただし、何処で渡すのかという事については考慮する必要があります。
外出先で渡すのであれば、持って帰るまでの時間や交通手段を考えなければいけません。

例えば、時間がかかる場合には水の心配がないアレンジメントにして貰う、公共交通機関を利用する場合には余り大きすぎず傷まないような包装にして貰うといった事です。
お祝いは相手に喜んで貰う事が第一なので、贈る相手がどんな人なのかをもう一度じっくり思い出し、その人に合った物を贈るのが良いでしょう。

次に、お見舞いに贈る場合ですが、この場合は様々な注意が必要となります。
鉢植えは「根付く→寝付く」という事からタブーとされますし、香りの強い物や花粉の多い物などもお見舞いには不向きです。

更に、本数が不吉とされる数字(4・9・13など)になるのも避けた方が良く、病院に贈る際には、病室に花瓶があるのかもしっかり確認しておきましょう。
選び方のポイントとしては明るく元気な色が喜ばれ、贈るタイミングは病状が落ち着き回復に向かい始めた頃がベストです。

同様に、お悔やみの場面でも沢山のルールやマナーがあります。宗教や地域によっても風習が異なる為、近くに住む目上の人に相談する事も大切です。花をギフトにする時はこれらの事に配慮し、相手を想いながら選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ギフトについて

このページの先頭へ