バースデーや記念日のギフトにはバラの花束を

バラの花言葉は、「愛」、「恋」、「美」、そして「幸福」です。
意外なことに、葉やトゲにも「希望」や「不幸中の幸い」と言った花言葉がつけられています。しかも本数によって違った意味合いを表すことができるため、誕生日や記念日のギフトに最適です。

1本は一目惚れしてしまった気持ちを控えめに伝えたい時で、意を決して愛の告白をする時には3本を用意し勇気をもらいましょう。

片思いの人に密かな愛を伝えるなら7本を添えて、結婚記念日などパートナーに感謝の気持ちを込めたギフトにする時は11本、普段なかなか感謝の気持ちを伝えられない両親へのギフトにするのもグッドアイディアです。

そして、プロポーズの時には108本に沢山の愛を込めて贈れば、感激と共に嬉しい返事が返ってくるのではないでしょうか。
究極は999本で、何度生まれ変わってもあなたを愛しますとのメッセージが込められています。

日本の男性は硬派でシャイなイメージですが、だからこそこんなギフトを受け取れば、女性は胸がキュンとして一生の思い出に残ることでしょう。本数だけでなく、その色にも気を配るとなお好感度が増します。真っ赤なバラは見た通り情熱的で、ピンクは愛らしくしかも上品さを演出し出産祝いなどにも合います。

オレンジは気さくで気取らない方に、黄色は明るくて活動的な方にピッタリです。
そして、白は無垢で誠実さと尊敬の念を表し、赤に白を添えると温かい心や調和を表します。自分の気持ちを表したい時には、以上のような花言葉や本数、色に込められた意味を参考にして贈りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ギフトについて

このページの先頭へ