香典返しをギフトで返す方法は、香典リストを作成しカタログも貰い香典の金額でグループ分けをします

香典返しは、四十九日の忌明けの法要が無事終了した後、忌明けの報告とお礼をかねて出すものです。
一般的に金額の目安は、頂いた香典の半額程度が目安となります。

香典を多くの方から頂いた場合、誰にどの様な商品を送るのかを選ぶだけでも大変な作業となります。
まず、最初に香典を頂いた方を把握する為に香典リストを作成して下さい。

香典リストは表計算ソフトを使用し、お名前、頂いた香典の金額、郵便番号、住所、電話番号、備考を入力して、表計算ソフトのソート機能を使い、頂いた香典の金額でソートして下さい。

次に、香典返しを依頼する業者を決め、ギフトのカタログを貰って下さい。
これは、葬儀会社で有ればギフトも取り扱っているので葬儀を依頼した葬儀会社にお願いするのが簡単だと思います。

カタログを貰ったら、誰にどの商品を送るかを決めますが、一人一人に違う商品を送ることも出来ますが、頂いた香典の金額でグループ分けをしてグループ事に商品を決めれば比較的楽に決めれます。
特別な方にはその方のみ別商品を選択するのも良いでしょう。

送る商品が決まったら香典リストにカタログの商品番号を入力しプリントアウトします。
プリントアウト後、ここが一番重要なのですが、入力されている内容、お名前、頂いた香典の金額、郵便番号、住所、電話番号、備考、商品番号を間違えが無いかチェックして下さい。

出来れば一人では無く二人でダブルチェックをして下さい。
チェックが終わったら香典リストを業者に渡しギフトの発送を依頼して下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ギフトについて

このページの先頭へ