毎年大人気スターバックスの福袋とは

スターバックスは、1971年にアメリカのシアトルで開業しました。
そして、1986年にエスプレッソをメインにして、テイクアウトや歩き飲みが可能なスタイルでのドリンク販売を始めた事で、シアトルスタイルカフェ・ブームの火付け役になっています。

そんなスターバックスが日本にやって来たのは1996年で、東京の銀座にオープンした日本1号店は、洗練された店内やお洒落なメニューなどが人気を集め、当時大変話題になりました。その後は順調に日本での店舗数を増やしており、現在では日本国内に980以上もの店舗を構えています。

今ではすっかり日本でもお馴染みになり、日本の文化である福袋も販売されるようになりました。福袋には、毎年3,000円と5,000円の2種類があり、コーヒー豆・タンブラー・マグカップ・ロゴ入りグッズなどの他、590円までのドリンクと引き換えが出来るビバレッジカードも入っています。

中に入っている商品目当てに購入する人も勿論多いのですが、中には、商品が入っているトートバッグ欲しさに毎年必ず購入するという熱烈なスタバファンも沢山います。
購入する際には、店舗によって取り扱っている所と取り扱いの無い所がある為、注意しましょう。

また、扱っている店舗でもあっという間に完売してしまうなど、年々購入が難しくなっています。何故なら、スタバでは予約や通販は行っておらず、店頭で直接購入するしか入手する方法がないからです。とはいえ、毎年大人気のスターバックスの福袋、是非一度は購入してみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:福袋

このページの先頭へ