6月の父の日には旬を迎えるフルーツが豊富にあり、栄養価が高く贈り物に最適です

毎年6月の第3日曜日は父の日です。
日頃は照れくさくて素直に「ありがとう」が言えない人でも、家族のためにいつも頑張ってくれているお父さんに感謝の気持ちを込めたプレゼントを贈りましょう。

父の日ギフトとして定番なのは日本酒やビールといった酒類、ネクタイやベルト、定期入れなどの服飾雑貨ですが、6月は様々なフルーツが旬を迎える時期です。

フルーツは栄養価が高いので、いつまでも元気に若々しく過ごせるよう果物を贈ってはいかがでしょうか。中でもメロンは高級フルーツの代表格ですが、栄養価も高く、βカロテンやビタミンC、カリウムが豊富に含まれており、高血圧防止や動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防といった効能が期待されています。

赤肉メロンはβカロテンの含有量が特に多く、がん予防や風邪予防も期待されているので、仕事で生活が乱れがちなお父さんへの贈り物に最適です。
マンゴーもまたβカロテンやビタミンC、ビタミンAや葉酸が豊富に含まれ、さらにはリン、食物繊維、ビタミンB1やビタミンB6も含まれています。

ビタミンAは抗酸化作用が強く、免疫機能を維持する働きがあり、目の栄養としても働き、視力低下や夜盲症を防ぐと言われています。
日本で流通するさくらんぼは国産とアメリカ産がありますが、国産は上品で繊細な甘みと酸味を持ち男性にも好まれる傾向が見られます。

さくらんぼはカリウムと葉酸を豊富に保有しており、鉄分の含有量は果物の中でもトップクラスで、高血圧や動脈硬化の予防のほか、貧血予防も期待出来ます。
このように健康効果を与えてくれるフルーツは、父の日のギフトにぴったりの贈り物です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:父の日

このページの先頭へ