父の日の定番ギフトで選ばれているものに財布があり、特に国産の商品は日本人の技術が背景にあるので注目されていてます

日本では毎年6月の第3日曜日が父の日と制定されています。
元々の発祥はアメリカで、母の日ができてからかなりの年月を経て制定されました。
国によって日付が違い、台湾では8月8日、ブラジルでは8月の第2日曜日、ロシアでは2月23日など様々です。

日本ではこの時期になるとショッピングモールやスーパー、百貨店などで特設コーナーが設けられ、プレゼントにお勧めの商品を多数陳列しています。
また、最近はインターネットが普及したことで、オンラインショップやネットショップが利用できるようになり便利さを増しています。

百貨店に足を運べなくてもお店のオンラインショップで購入でき、さらにラッピングもしてもらえます。
ネットショップでもこの時期に合った特設ページを設けて、商品を選びやすいようにランキングを付けて掲載しているところがあります。

やはり、プレゼントはお父さんの好きなものや好みもありますが、定番のギフトとして選ばれているのが財布です。
特に国産の財布は最近注目されており、2014年はココマイスターやグレンチェック、ノイジャパンが上位ランキングに入っていました。

レザーの商品で革はヨーロッパなどから輸入したものですが全て日本で作られており、日本人の丁寧な手作業で作られたものは有名ブランドに比べると比較的手に入りやすい価格ながらクオリティが高いので人気があります。

形は二つ折りタイプと長財布が多く、ポケットに入れる人には二つ折りがおすすめです。
父の日には種類が豊富な財布から、お父さんに合うものを見つけてみてはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:父の日

このページの先頭へ