父の日に贈りたい特別なおつまみ

父の日は、父に日頃の感謝の気持ちを表す日であり、6月の第3日曜日に設定されています。アメリカにあるワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット婦人が母の日の存在を知り、父に感謝する日も必要があると考えて制定することを提唱して各地へ広まり、今ではアメリカ全土で行われています。

日本では母の日に比べるとなかなか認知されませんでしたが、1950年頃から広まり、1980年代からは一般的な行事になりました。
そんな父の日の贈り物には、洋服やお財布、バッグやベルトなどがありますが、予算が足りない場合や子供からの贈り物らおつまみがお勧めです。

定番と言えば、スルメや柿の種、刺身ですが、この日ばかりは特別な物を贈り、家族のために頑張っているお父さんに感謝しながら、夜の晩酌が楽しみなお父さんにお酒がますます美味しく飲めるようにしてあげましょう。

例えば、ウィンナーの詰め合わせはピリ辛味やハーブ入りなどあって、ボイルしても焼いても美味しくおかずにもなるので、夕食と一緒に晩酌するのに最適です。

他に、高級珍味のからすみやビーフジャーキーなどは高価ですが、少量ずつ食べるものなので長く楽しめます。
また、手作りのおつまみも感謝の気持ちが伝わりますし、低予算で済みます。

クラッカーにチーズやハムを重ねて塩コショウを振ったり、身体に良いアボカドをのせたり、いくらをトッピングすれば、ちょっとしたオードブルの出来上がりです。
お金を掛けるより手間を掛けることで、感謝の気持ちがより一層伝わります。
父の日に美味しいおつまみを贈って、贅沢な気分でお酒を堪能してもらいましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:父の日

このページの先頭へ