今年の父の日は和菓子の贈り物をしましょう

父の日の起源は、1909年アメリカのワシントン州で、ドット婦人が6月に亡き父へ礼拝したことから始まったと言われています。
そして、アメリカと同様日本でも6月第3日曜日に制定されています。
毎年、父の日に何を贈るか迷っているという方は、和菓子のプレゼントはいかがでしょう。

甘さ控えめなものであれば男性や年配の方にも喜ばれます。
その中でも定番と言えば抹茶を使用したもので、種類も豊富にあるので選び易いです。
京都宇治のお茶専門店「伊藤久右衛門」では、多数の抹茶商品を扱っています。
こちらのお店では、石臼を使って抹茶を挽いており、新鮮でまろやかな口当たりの抹茶商品が自慢です。

例えば、宇治抹茶をふんだんに使用したどら焼きや生チョコレート、羊羹、最中の他、ロールケーキやプリンなどもあります。
これらがセットになった宇治抹茶スイーツ詰め合わせ六選が人気ですが、抹茶あんみつと玉露茶のセットも好評です。

次に、創業は江戸時代からと言う老舗葛餅屋の「船橋屋」もお勧めで、葛餅は創業当時から変わらず小麦で出来ており、自然な甘さが特徴で、看板商品の葛餅の他、あんみつや心太、最中も販売しており、定番を好む人には最適です。

他にも、「金沢烏鶏庵」のカステラは、烏骨鶏の卵を使用した健康志向のお菓子として人気があり、烏骨鶏プリンとのセットも人気を博しています。

静岡の老舗和菓子店である「玉華堂」では、みそまんじゅうやどら焼きの他、テレビや雑誌等で多数紹介されたこだわりの極プリンが好評です。
お菓子の好きなお父さんに、体の事も考えて甘さ控えめな和菓子のプレゼントをすれば、きっと喜んでくれる事間違いないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:父の日

このページの先頭へ