クリスマスプレゼントに真紅のポインセチアを代表とする美しく鮮やかな花を贈ると大変喜ばれるでしょう

12月25日はクリスマスで、本来はイエス・キリストの生誕を祝う行事ですが、日本ではその前夜である12月24日に合わせてツリーを飾り、会食やパーティーが催されることが多いです。

古くからのイメージとしては、サンタクロースがトナカイにそりをひかせて家々を回り、子供たちにクリスマスプレゼントを配るというのが挙げられますが、現在では、子供や家族、恋人、友人などにプレゼントを贈ります。

聖夜を華やかに彩る贈り物としては衣料品・日用品・雑貨・食品などいろいろありますが、美しく鮮やかな花を贈ると大変喜ばれるでしょう。
その代表として、真紅のポインセチアがまず浮かびます。
ポインセチアはトウダイグサ科常緑低木で、園芸名はポインセチア・プルケリーマです。

プルケリーマとは「最上級の美しさを持つ」という意味で、花言葉は「私の心は燃えている」という熱烈な愛情表現とされています。日本では、ポインセチアは主に美しい花や葉を長く楽しめるように鉢植えで親しまれていますが、パーティを盛り上げる愛らしい可憐なピンク・情熱の色レッド系のバラを使ったアレンジメントも人気があります。

また、バラの花びらにオリジナルメッセージをプリントして、そのバラ一輪をケーキやワインと一緒にプレゼントすると更に気持ちが伝わり、聖夜に相応しい夜を迎えられるでしょう。

演出が楽しく見た目もはずむバルーン付きのアレンジは、柔らかいロマンチックなムードを醸し出してくれます。
今年のクリスマスプレゼントには、花を贈ってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ