セルフラッピングで、クリスマスプレゼントもレベルアップ

年に一度のクリスマス、日本では、ちょっと豪華なプレゼントを贈り、おいしいものを食べて過ごす、というのが定番になっています。
でも、時には、プレゼントの予算がちょっと低めになってしまうこともあります。
そこでお勧めしたいのが、セルフラッピングです。

デパートなどの包装でも充分ですが、自分でラッピングすれば、工夫次第でより豪華に仕上げることができます。
初めて挑戦する場合、まずはキャラメル包装やデパート包装など、基本的な包み方をマスターしましょう。

慣れてくれば、アレンジも可能です。
円形やボトルの包装は、サイドにひだを寄せるというテクニックが必要になります。
包装紙を無駄にしないためにも、あらかじめ新聞紙などいらない紙を使って練習してみると良いでしょう。

短時間で仕上げたいという場合には、ペーパーバッグを利用すると簡単にできます。
リボンでデコレーションすれば、あっという間に完成です。
コストをかけたくないという場合には、ラッピングキットを利用する方法もあります。
必要な材料が使う分だけ入っていて、お値段もリーズナブルです。

また、「どうしても紙は苦手」という人は、ハンカチや風呂敷などを使えば、お弁当箱を包む要領で簡単にできます。

結び目に、チャームやタグをつければ、おしゃれにかわいく仕上がります。
包み方はもちろん、リボンのかけ方も、インターネット上にたくさん紹介されています。
動画でチェックできるサイトもあるので、今年のクリスマスプレゼントには、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ